花粉症の季節到来!花粉症の予防と対策チェック

hh

もう来てますね花粉。飛んでますね!花粉が!

筆者は花粉症もちなので、いよいよこれからの季節、花粉との戦いになります。

そんな筆者が花粉症の季節に心がけている花粉症対策を書いてみます。

花粉症の症状

目の症状:

目のかゆみ、まぶたが腫れる、目が充血する、涙がでる、眠くなるほどまぶたが重くなるなど

鼻の症状 :

鼻水が出る、鼻が詰まる、くしゃみが止まらないなど

体の症状:

体全体の嫌悪感、頭が常に重く感じる

筆者の場合、すべての症状にやられますヽ(;▽;)ノ

花粉症の原因

花粉症の原因となるのは、木々や草花から飛散する花粉 【花粉の種類】 ブタクサ、ヨモギ、スギ、シラカバ、ヒノキ、ケヤキ、ハンノキ、コナラ、カモガヤなど。 日本でも一番多い花粉症の原因はスギ花粉と言われ、花粉症患者の7割を占めるといいます。 【低体温は花粉症に悪い】 低体温は、酵素の働きが低下し、血行、新陳代謝も悪くなりため、花粉症になりやすくなると考えられています。

花粉症の予防と対策

外出時にはマスク、メガネ、帽子

出かけるときは、マスクや目を覆える大きめのメガネをするといい。

できれば帽子など髪に花粉が付着しないようにすると良い。

このいでたちは一見すると、とてもあやしい。

でも花粉症の症状の辛さを考えれば、そんなことを気にしている場合じゃない。 



外出時はティッシュは多めに

とにかくくしゃみが出たら最後、これでもかってぐらいに止まらない。それと同時に涙も出てくる。

だから外出時にはティッシュが切れることのないよう、ぬかりなく多めに持ち歩く。

帰宅時には

帰宅時には花粉を家に持ち込まないように、家に入る前に髪や衣服の花粉をよくはたく。

花粉の飛散が多い日は 

風が強い日や花粉の多い日は、家の中にいても花粉が入ってきます。

窓を閉めきっておくことを忘れずに。

タバコの吸い過ぎ、お酒の飲み過ぎは花粉症に悪い 

タバコは鼻粘膜を刺激するのでなるべく控えた方が良い。ついでにやめられればなお良い。

お酒はは血管を拡張させる原因となり、花粉症の症状を悪化させる。

洗濯物はよくはたいてから家の中に

洗濯物や布団を外に干している場合は、よくはたいてから取り込む。

取り込む際には、マスク、メガネ、帽子を着用していると、はたいた花粉が体に付着することも防げる。



花粉症、かからないに越したことはないわけで、上記に書いたような対策をしておいて損はない。これからの時期、花粉症の人には辛い季節ですから、いまから予防と対策はしっかりしておきましょう。

Avatar_mediaf

Avatar_mediaf

AVATAR代表管理者MEDIA F
BLOG AVATAR管理者。 主にライフハック的記事を書いてます。(@Avatar_mediaf) 中の人は常においしいパスタが食べたいと思っています。 記事のご意見、ご感想は下のコメント欄でお待ちしてます(*゚▽゚*) またAVATARで記事を書きたい!っていう人がいらっしゃいましたら、 お好きなソーシャルからメッセージをどうぞ。