【Facebook】嫌われ手法のソーシャルマーケティング あなたは大丈夫?受け手側の視点

 

Facebook ソーシャルマーケティング

今回はFacebookのお話。 

Facebookのマーケティング手法、今回は、ソーシャルマーケティングなのに、感情のないソーシャルマーケティングばかりが目につき、「気づいて!そんなやり方は嫌われるだけだよ!」というお話。

よくわかっている人には、わかっている内容かもしれませんが、未だにこういう手法をやっている人が多い気がするので。

こんな人いますよね。

「普段FB上のつきあいもないのに、セミナーのイベント招待ばかり送ってくる人」

これをうざいという人は多くて、筆者も正直これが1番うざいと思っていて、結論から言えば、普段からなんのつきあいものない人からイベントに招待されても、それこそ誰もが知っているような大企業の宣伝でもない限り、ほぼ関心が起こるわけがないと思うのです。

イベントをガンガン送ってくる人に多い特徴は、FBを人集めやビジネス関係で活用している人。筆者はこういうのを見ると、どこかのFBセミナーなんかで聞いた手法として、そのままやっている感があり、むしろ人集めや集客に繋がるとは思えず、嫌悪感を抱いてしまうのです。

現にFBページ制作の依頼を受けたクライアントさんも、以前にセミナーで聞いて実践したが、ぜんぜん成果なんか出なかったよと話していました。

そして、これまたこういうタイプの人に多いのが、こちらがフレンドリーにコメントを入れてみても、いいね返しもなく、まったくの無反応だったりする人が多いということ。

「あ~この人には人とのコミュニケーションは必要ないのか。目的達成の為だけにFBを利用してるんだ」と思ってしまいます。

なんのコミュニケーションも取れない人からの情報というのは、受けとる側からすれば、いわゆるスパムと同じ感覚しか受けないということです。

発信者側からすれば、知ってほしい情報や伝えたいことが、受け手によってはスパムのように感じる。意図する目的とはまるで逆の効果が結果として現れるということです。

筆者は今のソーシャルに、無機質な感覚で一方的にパッとやってドーン!と大きな成果を得られるような流れはないと感じているだけに、こういう手法をする人を見ると、とてももったいなく感じてしまいます。  

もったいないというのは、その情報がうざいだけでなく、その人自身の見方や信頼度も落ちることがもったいないと思うからです。

ホームページマーケティングと、ソーシャルマーケティングの違いもここにあります。
ホームページなど待ちの姿勢で行うマーケティングと違って、ソーシャルマーケティングの場合、人の感情が結果を左右すると言ってもいい。

めんどくさいから、イベント機能でばっと出す。
友達5000人いるから、そのうち3割反応してくれればいいなんて思ってやるとしたら、それこそまさにスパム手法なわけで、いろんなページで同じ広告をみて嫌悪感を感じる時と同じように、人はその情報を、もう2度と見たくないと思ってしまうもの。

例えば、YOUTUBEを見ていると、かなりの確率で出てくる浜○ブリトニーのダイエットの宣伝広告のように(笑)

これは街頭に立って、チラシを無造作に配っているのと同じです。
同じチラシでも、街頭に立っている見知らぬお兄ちゃんからもらうより、(イケメン好きや綺麗なお姉ちゃん好きなら別として(笑))普段つきあいのある友達から、「今度こんなのがあるんだけど、よかったら」と言われた方が興味が湧くものです。

ソーシャルマーケティングは、いいも悪いも感情が左右するということ。

もしソーシャルマーケティングとして人集めをしたい、需要を増やしたいというのであれば、簡単な手法なんてないと思ったほうがいい。せめてイイネ返しやコメント返しなど、普段のコミュニケーションを一生懸命やったほうがいい。むしろ、コメントをしてくれる友達のところへ、自分からコメントをしに回るぐらいの情熱を注いだほうがいい。

もし、これを「忙しいから」とか、「めんどくさいから」とか、そういう感情が先に立つのであれば、そういう人はソーシャルマーケティングには向かないのかもしれません。そもそも、ソーシャルマーケティングはめんどくさいものなんです。

現に、同じ目的を持ってやっている人でも、普段のコミュニケーションを丁寧にしている人には嫌悪感を感じることもなく、はじめは関心がなかったことも、この人とはやりとりも多いし、機会があれば行ってみたいなと、応援してあげたい気持ちが出てくるものです。

筆者は無駄なことが嫌いなタイプなので、FBでは必要ない絡みや、いいねと思わなければいいねやコメントはつけない。どちらかといえば、純粋に個人的に楽しんでいる。

そんな筆者もソーシャルマーケティングを行う人からすれば、ターゲット内の人間になるのでしょう。 だからこそ、個人的に楽しんでいる立場と感覚での意見を書いてみました。

そもそもFBのイベント機能も、仕様に問題があり、有料広告のように需要と供給のマッチングシステムを実装したイベント機能にしてしまえばいいだけのことだと、いつも思っているんですけどね・・・。

 


 

Avatar_mediaf

Avatar_mediaf

AVATAR代表管理者MEDIA F
BLOG AVATAR管理者。 主にライフハック的記事を書いてます。(@Avatar_mediaf) 中の人は常においしいパスタが食べたいと思っています。 記事のご意見、ご感想は下のコメント欄でお待ちしてます(*゚▽゚*) またAVATARで記事を書きたい!っていう人がいらっしゃいましたら、 お好きなソーシャルからメッセージをどうぞ。